K-Resident TOPへ 医療法人財団健和会 みさと健和病院 医療法人財団健和会 みさと健和病院 研修医 医学生のページ
私達の原点
初期研修のご案内
初期研修プログラム
研修医の声
マッチングとは
医学生実習
プログラム
実習生の声
研修医の大学時代の話
高校生のページ
医師体験プログラム
医師体験参加者の声
研修医の高校時代の話
医学部合格者向け体験
奨学生
先輩のアドバイス
奨学生企画
奨学金制度
イベント
研修医ニュース
研修医募集要項
後期研修のご案内
出版物
お問い合せ
リンク
臨床研修

TOP初期研修のご案内>研修医の声

研修医の声
 
■梁取 慧(東京慈恵会医科大学卒)

 はじめまして。千葉県松戸市出身で、今まで奨学生として健和会にはたくさんお世話になってまいりました。そのため、ご存知の方も少なくないかと思いますが改めて自己紹介をさせていただきます。
 学生時代はオーケストラ部でViolaを弾いており、健和病院およびクリニックでボランティア演奏も行ったことがあります。その他塾講師や家庭教師のアルバイトと奨学生活動で、学生生活のほとんどを占めていたように思います。学業については全く自信がないので、これから研修の中で多くのことを学び、吸収していくつもりです。
 奨学生として活動してきたおかげで、この病院の環境には慣れているつもりではおりますが、実際に研修医として現場に入るとより強い関わりと責任も伴ってきます。1日でも早く業務に慣れて少しでも現場の戦力となるよう努力してまいります。

■煢ェ 正和(和歌山県立医科大学卒)

 健和会のこれまでの歩みや理念に心惹かれ、入職致しました。もともと僕は、「地域で生きる医者になりたい。その地域の文化や人々の生活背景までまるごと受け止めて、地域みんなで健康に生きていけるための支えになりたい」。そのような思いで医学部に入りました。
 そして、ついに医師になりました。病棟に入ると右も左もわからないうちにさっそく受け持ちの患者を複数持ち、日々の業務に追われています。医学の知識も、少しずつ身についてきているはずです。ですが、夢に描いた「地域で生きる医者」の具体的なイメージは、まだうまく掴みきれていません。
 僕は、このみさと健和病院で医者として必要な技術や知識を身に付けると同時に、地域医療のビジョンをより明確に描くことができたらと思います。

■宮田 結衣(近畿大学卒)

 はじめまして。私はもともと小児科希望でしたが、自分が小児科医の道を進む前に研修において、自分は何を学びたいかを考えたときに、地域に密着したCommon Diseaseを診断できるようになりたい、学びたいと思いました。
 そういったことを考えている時にみさと健和病院を見学させて頂いて、地域に密着した病院にも関わらず、先生方が総合内科として様々な疾患を診てらっしゃることに驚きました。そして上の先生からの指導が行き渡ったチームで患者さんを診ていることや、橋爪先生が熱心に指導してくださるカンファをみさせていただき、こんなに指導してくださる病院は他にないと思い、この病院で是非研修医として働きたいと思いました。
 私は四国出身で、大学は関西だったので、初めて関東に出てきて慣れない環境で戸惑うことも多いですが、2年後にたくさん学べた研修医生活だったと言えるように、日々頑張りたいです。

■荒記 高志(東邦大学卒)

 自己紹介をさせていただくにあたりまして、なぜみさと健和病院を選ばせて頂いたかについて書きます。私は、東京都小平市の出身です。実家が歯医者であることもあり、医学部を選びました。お恥ずかしい話になりますが、医学部に入った理由は親の勧めが強かったためです。
 入学後は卓球部に入り卓球に興味がでて、勉強を二の次にしてしまいました。5・6年になると将来のことを考えるようになり、研修先は自分で決めようと思い、みさと健和病院を見学させていただきました。自分の雰囲気にあっていたこともあり、今ではこの病院でお世話になっています。
 入職後に三郷・柳原の医療施設を訪れ、「地域に必要とされることって何だろう」、ただ医学成書を読むことだけが勉強ではないんだなと感じました。病棟ではおたおたして、周りの先生、看護師さんや患者さんに助けられながらの毎日ですが、精一杯努力します。
Copyright 2005 特定医療法人財団健和会
医療法人財団 みさと健和病院